MENU
ホーム > 豆知識 > 仏具・その他 > 法要の時には床の間には、どんな掛軸を掛けるのですか?

法要の時には床の間には、どんな掛軸を掛けるのですか?

浄土宗、浄土真宗の方は“南無阿弥陀佛”の六字名号、禅宗なら
“南無釈迦牟尼佛”真言宗なら“南無大師遍照金剛”日蓮宗の方は、“南無妙法蓮華経”が多い様です。
また、“十三佛”と言って初七日から三十三回忌まで、十三回の追善供養を司る十三佛を一幅におさめた掛け軸もあります。
※下記を参照してください。
初七日…不動明王 
二七日…釈迦如来
三七日…文殊菩薩
四七日…普賢菩薩
五七日…地蔵菩薩
六七日…弥勤菩薩
七七日…薬師如来
百ヶ日…観世音菩薩
一周忌…勢至菩薩
三回忌…阿弥陀如来
七回忌…阿閻如来
三十三回忌…虚空蔵菩薩

Facebookでシェアする